製菓学校に通うメリット

  • 製菓学校に関する説明

    • 製菓学校は菓子職人、パティシエになるために学ぶための教育訓練施設の通称です。
      学習内容は学校によって異なり菓子全般について学ぶものから和菓子や洋菓子など特定分野を専門的に学ぶものまで様々です。


      広義には主婦や花嫁修業中の女性を対象とした「お菓子教室」などを含める場合もあります。

      今、話題の製菓の学校のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

      菓子職人、パティシエは製菓衛生師法および職業能力開発促進法が定める製菓衛生師、パン製造技能士、菓子製造技能士という国家資格が存在するため、学校では厚生労働大臣が指定する製菓衛生師養成施設の認定を受けるなどして、国家資格取得のサポートを行っています。



      また仕事をしながら勉強していつか夢を叶えたいという人のために夜間開講しているものや、通信課程を設けている施設もあります。
      学習内容の性質上、授業料以外にも用具代、材料、光熱費を必須とする関係から学費は通常の高校、専門、短大、大学に比べて高額です。

      2年間の学費が4年制私立大学の学費を上回る場合すらあります。
      このため学校側でも指定校推薦入試奨学金制度、一般財団法人林レオロジー記念財団奨学金制度、私立高等学校等就学支援金といった奨学金制度による支援や教育ローンの紹介を行っています。

      学習内容の専門性と人気の高さもあり、卒業後は大多数の学生が学習内容を直接生かせるホテル、レストラン、和菓子店、洋菓子店、カフェ、製菓メーカーといった飲食関連企業に就職しています。



      また独立し自らの店をオープンさせる人もいます。