菓子学校のカリキュラム - 製菓学校に通うメリット

製菓学校に通うメリット

  • 菓子学校のカリキュラム

    • 菓子について学ぶための学校探しをしていて見ておきたいのはカリキュラムです。

      学べるのであればどこでもいいというのではなく、少しでも多くの資料を見たり体験入学などを利用して雰囲気を知るのと同時にしっかりチェックしておきましょう。

      人気の菓子の学校情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

      基本的な用語や器具の使い方など、ある程度慣れ親しんでいた場合でも座学をきちんと学ぶ事は大切です。
      また、菓子学校卒業後は多くの方がパティシエとしてケーキショップやホテルなどのお店で働きますから、現場で通用する技術力を身につけるために実習もたくさんあればあるほど安心できます。

      資格の取得のサポートのための知識が学べるような時間も作られているところがありますから、学べる内容をよく確認しましょう。


      菓子学校で学ぶ期間も1年または2年、そして昼間部や夜間部というように様々に用意されています。



      学課によってもカリキュラムは変わってくるので、時間割なども公開されていたら見ておくと分かりやすいので学べる内容の参考になります。


      理論的なこともさらに深く学んで、経営や商品開発、ラッピングなどもあれば、学校によっては菓子をより深く知るためにフランス語を勉強したりすることもあります。



      忘れてはいけないのが就職関連です。
      どこの学校であっても卒業後を見据えて学ぶ環境を作っているので、サポートも手厚いです。


      普段の勉強以外でどこまで就職に関してもフォローが入るのかを相談会や説明会を利用して確認してみて下さい。